兵庫県のホール・体育館の音響測定・調整は、ATS

 兵庫県の音響測定 音響測定
兵庫県のホール・体育館・会議場・講堂・スタジオ・映画館などの残響時間測定、音圧分布、エコータイムパターンなどの音響測定から、壁、床、天井、建具(サッシ)などの遮音性能測定まで、迅速かつ信頼性があるデータ処理で対応いたします。また、実際に音響設計、施工を担当するものが業務にあたるため、その対策に即した測定方法をご提案し、現場にて対策などのアドバイスも建築・電気音響設備の両面から可能です。無駄を省いた適切な音響測定により測定及び対策工事のコストダウンにもつながります。また、北海道から沖縄まで、全国対応です。

残響時間の測定においては、東北震災の後、学校・公共施設などの体育館、講堂・ホール・映画館の天井構造補強・改修工事が必要となり、全国で改修工事前と施工後の残響時間を測定し、改修前と音響性能が同等以上に出来ているか検査するケースが多くなっております。また、音響測定はもちろん、仕様検討、残響時間の計算などの音響設計、音響設備の音響調整・改修設計・施工まで、ATSにお任せください。

音響測定・調査・調整 Pick Up Projects Menu


1

残響時間測定

残響時間は部屋の響き具合を示す室内音響の重要な要素で、室内に一定の強さの音を出し、定常状態に達してから音源を止め、室内の音の平均エネルギー密度が最初の百万分の一に下がるまで、すなわち音の強さのレベルが60dB下がるまでに要する時間です。


2

伝送周波数特性

受音点(客席など)での周波数の違いによる音圧レベルの変化を示す特性です。ミキサー、スピーカ、アンプなどの音響設備の周波数特性と建物、室の影響も含まれます。


3

エコータイムパターン

音源から受音位置に到達する直接音と反射音の伝達パターンを表すもので、音響障害となりうるエコー等が 発生していないかを確認します。


4

音圧分布測定

アリーナーや客席等に拡声する音圧レベルを総合的な音量だけではなく、周波数の違いも考慮し、全ての客席に対して均一な音圧レベルである必要があります。室の隅々まで分析できるように複数の場所を適度な間隔で測定します。


5

遮音性能測定

遮音性能は、音源側と受音側の音圧レベル差を測定し、そのレベル差が遮音性能となります。測定は、JIS A 1417 (建築物の現場における音圧レベル差の測定方法)に準じて行います。遮音性能測定には、部屋と部屋の遮音性能を測定する室間音圧レベル差の測定と、扉・窓など各部位を測定する特定場所間音圧レベル差の測定の2種類があります。

音響測定 兵庫県対応エリア

都道府県 自治体名等 ふりがな
兵庫県 神戸市 こうべし
姫路市 ひめじし
尼崎市 あまがさきし
明石市 あかしし
西宮市 にしのみやし
洲本市 すもとし
芦屋市 あしやし
伊丹市 いたみし
相生市 あいおいし
豊岡市 とよおかし
加古川市 かこがわし
赤穂市 あこうし
西脇市 にしわきし
宝塚市 たからづかし
三木市 みきし
高砂市 たかさごし
川西市 かわにしし
小野市 おのし
三田市 さんだし
加西市 かさいし
篠山市 ささやまし
養父市 やぶし
丹波市 たんばし
南あわじ市 みなみあわじし
朝来市 あさごし
淡路市 あわじし
宍粟市 しそうし
加東市 かとうし
たつの市 たつのし
川辺郡 猪名川町 いながわちょう
多可郡 多可町 たかちょう
加古郡 稲美町 いなみちょう
播磨町 はりまちょう
神崎郡 市川町 いちかわちょう
福崎町 ふくさきちょう
神河町 かみかわちょう
揖保郡 太子町 たいしちょう
赤穂郡 上郡町 かみごおりちょう
佐用郡 佐用町 さようちょう
美方郡 香美町 かみちょう
新温泉町 しんおんせんちょう

工場の音響測定(騒音測定)は、ANS防音コンサルタントへ
工場の音響測定・調査(騒音測定調査)は、ANS防音コンサルタントにお任せ下さい。単にデーターをとるのではなく、常にその騒音対策を考え、対策に必要なデータを取るという視点から、測定位置、測定時間など騒音源や周囲環境を考慮した、コストパフォーマンスでベストな測定方法でお客様をサポートいたします。