対応エリア 福島県
体育館の残響時間など音響測定は、
ATS

福島県の体育館 音響測定・残響時間測定

福島県の体育館の残響時間測定、音圧分布、エコータイムパターンなどの音響測定から、壁、床、天井、建具(サッシ)などの遮音性能測定まで、迅速かつ信頼性があるデータ処理で対応いたします。また、実際に音響設計、施工を担当するものが業務にあたるため、その対策に即した測定方法をご提案し、現場にて対策などのアドバイスも建築・電気音響設備の両面から可能です。無駄を省いた適切な音響測定により測定及び対策工事のコストダウンにもつながります。また、北海道から沖縄まで、全国対応です。

残響時間の測定においては、東北震災の後、学校・公共施設などの体育館の天井構造補強・改修工事が必要となり、全国で改修工事前と施工後の残響時間を測定し、改修前と音響性能が同等以上に出来ているか検査するケースが多くなっております。また、音響測定はもちろん、仕様検討、残響時間の計算などの音響設計、音響設備の音響調整・改修設計・施工まで、ATSにお任せください。

●建築音響設計・コンサルタント・音響測定スタッフ
ビートルズで有名な英国アビーロードスタジオの設計を手がけた豊島総合研究所、豊島政実と共に英国タウンハウススタジオ、韓国KBSレコーディングスタジオ、ワーナーマスタリングスタジオなど数多くの録音スタジオなどの建築音響設計から、首相官邸、ソウルKBSホールなどの音響測定を手がけてきた黒川宏一参加プロジェクトを紹介。 黒川宏一参加プロジェクト

体育館の音響測定 
Pick Up Projects Menu


1

残響時間測定

残響時間は部屋の響き具合を示す室内音響の重要な要素で、室内に一定の強さの音を出し、定常状態に達してから音源を止め、室内の音の平均エネルギー密度が最初の百万分の一に下がるまで、すなわち音の強さのレベルが60dB下がるまでに要する時間です。


2

伝送周波数特性

受音点(客席など)での周波数の違いによる音圧レベルの変化を示す特性です。ミキサー、スピーカ、アンプなどの音響設備の周波数特性と建物、室の影響も含まれます。


3

エコータイムパターン

音源から受音位置に到達する直接音と反射音の伝達パターンを表すもので、音響障害となりうるエコー等が 発生していないかを確認します。


4

音圧分布測定

アリーナーや客席等に拡声する音圧レベルを総合的な音量だけではなく、周波数の違いも考慮し、全ての客席に対して均一な音圧レベルである必要があります。室の隅々まで分析できるように複数の場所を適度な間隔で測定します。


5

遮音性能測定

遮音性能は、音源側と受音側の音圧レベル差を測定し、そのレベル差が遮音性能となります。測定は、JIS A 1417 (建築物の現場における音圧レベル差の測定方法)に準じて行います。遮音性能測定には、部屋と部屋の遮音性能を測定する室間音圧レベル差の測定と、扉・窓など各部位を測定する特定場所間音圧レベル差の測定の2種類があります。

体育館音響測定 福島県対応エリア

都道府県 自治体名等 ふりがな
福島県 福島市 ふくしまし
会津若松市 あいづわかまつし
郡山市 こおりやまし
いわき市 いわきし
白河市 しらかわし
須賀川市 すかがわし
喜多方市 きたかたし
相馬市 そうまし
二本松市 にほんまつし
田村市 たむらし
南相馬市 みなみそうまし
伊達市 だてし
本宮市 もとみやし
伊達郡 桑折町 こおりまち
国見町 くにみまち
川俣町 かわまたまち
安達郡 大玉村 おおたまむら
岩瀬郡 鏡石町 かがみいしまち
天栄村 てんえいむら
南会津郡 下郷町 しもごうまち
檜枝岐村 ひのえまたむら
只見町 ただみまち
南会津町 みなみあいづまち
耶麻郡 北塩原村 きたしおばらむら
西会津町 にしあいづまち
磐梯町 ばんだいまち
猪苗代町 いなわしろまち
河沼郡 会津坂下町 あいづばんげまち
湯川村 ゆがわむら
柳津町 やないづまち
大沼郡 三島町 みしままち
金山町 かねやままち
昭和村 しょうわむら
会津美里町 あいづみさとまち
西白河郡 西郷村 にしごうむら
泉崎村 いずみざきむら
中島村 なかじまむら
矢吹町 やぶきまち
東白川郡 棚倉町 たなぐらまち
矢祭町 やまつりまち
塙町 はなわまち
鮫川村 さめがわむら
石川郡 石川町 いしかわまち
玉川村 たまかわむら
平田村 ひらたむら
浅川町 あさかわまち
古殿町 ふるどのまち
田村郡 三春町 みはるまち
小野町 おのまち
双葉郡 広野町 ひろのまち
楢葉町 ならはまち
富岡町 とみおかまち
双葉郡 川内村 かわうちむら
大熊町 おおくままち
双葉町 ふたばまち
浪江町 なみえまち
葛尾村 かつらおむら
相馬郡 新地町 しんちまち
飯舘村 いいたてむら