ホール・体育館・会議場の
残響時間測定は、
ATS

残響時間測定  ホール 残響時間測定
ホール・体育館・会議場・講堂・スタジオ・映画館などの残響時間測定は、ATSにお任せください。迅速かつ信頼性があるデータ処理で対応いたします。また、実際に音響設計、施工を担当するものが業務にあたるため、その対策に即した測定方法をご提案し、現場にて対策などのアドバイスも建築・電気音響設備の両面から可能です。無駄を省いた適切な音響測定により測定及び対策工事のコストダウンにもつながります。また、北海道から沖縄まで、全国対応です。

残響時間の測定においては、東北震災の後、学校・公共施設などの体育館、講堂・ホール・映画館の天井構造補強・改修工事が必要となり、全国で改修工事前と施工後の残響時間を測定し、改修前と音響性能が同等以上に出来ているか検査するケースが多くなっております。また、残響測定はもちろん、仕様検討、残響時間の計算から、現状況または、改修工事でのべストなスピーカーの配置・機種など音響設備の改修設計・施工まで、ATSにお任せください。

●建築音響設計・コンサルタント・音響測定スタッフ
ビートルズで有名な英国アビーロードスタジオの設計を手がけた豊島総合研究所、豊島政実と共に英国タウンハウススタジオ、韓国KBSレコーディングスタジオ、ワーナーマスタリングスタジオなど数多くの録音スタジオなどの建築音響設計から、首相官邸、ソウルKBSホールなどの音響測定を手がけてきた黒川宏一参加プロジェクトを紹介。 黒川宏一参加プロジェクト

1.残響時間とは

残響時間とは、部屋の響き具合を示す室内音響の重要な要素で、室内に一定の強さの音を出し、定常状態に達してから音源を止め、室内の音の平均エネルギー密度が最初の百万分の一に下がるまで、すなわち音の強さのレベルが60dB下がるまでに要する時間です。

2.残響時間測定方法とは

残響時間を測定するには、測定する室内でスピーカよりピンクノーイズを発生させ、定常状態にして音を止め、その減衰音を記録し、60dB減衰するまでに要する時間を算出します。音源位置は、出来るだけ部屋に音が拡散するようにセットし、受音点は、部屋の大きさを考慮した多点の平均値とします。また、無指向性スピーカよりスイープパルスを発生させる方法、インパルス音、M系列ノイズなどによる残響時間測定方法もあります。さらに、自動計測・自動収録分析による残響時間測定では、測定時の暗騒音、突発的な発生音などに十分な注意が必要となります。

 残響時間測定装置
 残響時間測定装置
 
体育館 残響時間測定位置例 
 残響時間測定位置


3.最適残響時間とは

最適な残響時間は、その部屋の用途と体積により推奨値が決まります。下記表に最適残響時間を示します。 しかし、残響時間が最適であっても、フラッターエコーなどの音響障害により問題が起きることもありますので、特に拡散音場でない音空間では、室形状、吸音面の配置に注意が必要となります。拡散音場とならない小さい部屋の場合などは、最適残響時間にはこだわらず、下記表の残響時間は、目安と考え、室形状・吸音面の配置、しっかり低音域まで吸音できる吸音壁・天井を設置することが、良い音環境を創造する上で重要です。

最適残響時間 目安

4.残響時間の計算(残響計算式)とは

残響時間は、下記計算式により算出できます。この残響時間の計算式は、拡散音場が条件のもので、エコー・フラッターエコーなどの音響障害、部屋が狭く定在波がある場合は、予測計算値と残響測定結果との誤差が生じます。

残響時間 計算式



音響測定・調査 
Pick Up Projects Menu


1

残響時間測定

残響時間は部屋の響き具合を示す室内音響の重要な要素で、室内に一定の強さの音を出し、定常状態に達してから音源を止め、室内の音の平均エネルギー密度が最初の百万分の一に下がるまで、すなわち音の強さのレベルが60dB下がるまでに要する時間です。


2

伝送周波数特性

受音点(客席など)での周波数の違いによる音圧レベルの変化を示す特性です。ミキサー、スピーカ、アンプなどの音響設備の周波数特性と建物、室の影響も含まれます。


3

エコータイムパターン

音源から受音位置に到達する直接音と反射音の伝達パターンを表すもので、音響障害となりうるエコー等が 発生していないかを確認します。


4

音圧分布測定

アリーナーや客席等に拡声する音圧レベルを総合的な音量だけではなく、周波数の違いも考慮し、全ての客席に対して均一な音圧レベルである必要があります。室の隅々まで分析できるように複数の場所を適度な間隔で測定します。


5

遮音性能測定

遮音性能は、音源側と受音側の音圧レベル差を測定し、そのレベル差が遮音性能となります。測定は、JIS A 1417 (建築物の現場における音圧レベル差の測定方法)に準じて行います。遮音性能測定には、部屋と部屋の遮音性能を測定する室間音圧レベル差の測定と、扉・窓など各部位を測定する特定場所間音圧レベル差の測定の2種類があります。

納入事例

千葉大学ハイレゾ実験 音響測定

明治記念館「新若竹の間」「丹頂の間」音響システム

早稲田大学「稲門音楽祭」音響・映像・照明システム(2005年~毎年10月開催)

早稲田大学「稲門音楽連盟発足パーティー」音響・映像システムレンタル及びオペレート(リーガロイヤルホテル)

銀座シャネルブテック及び4Fホール映像・音響・制御・舞台装置システム及び保守

東京商品取引所見学者システム基本設計・実施設計及びシステムの納入・保守

ホンダ ウエルカムプラザ 青山 実施設計及び音響システム納入

ローソン東京大学龍岡門店 プロジェクターシステム工事

JAM HOME MADE 店舗音響システム

千葉TEPCO館展示リニューアルAVシステム

RESTIR ミッドタウン映像及び音響システム

NTTサイバーコミュニケーション総合研究所 映像システム改修工事

銀座ロマンティゴ 監視カメラシステム

品川駅前「シンガポール・シーフード・パブリック」映像音響システム

EXPO ZARAGOZA2008 日本政府館実施設計

六本木アイビスホテル「ラブネット」録音スタジオ、その他音響装置

石田大成社京都本社2Fクリアトロン映像表示システム(WATCHOUT×2面)

日野高校(日野自動車)視聴覚室音響設備工事

六本木レストランLE G.A音響システム

ビクターエンターテイメント新社屋エントランス映像・音響システム

オークラフロンティアつくば大宴会場「昴」音響システム改修工事

大幸薬品様新社屋エントランス映像システム

さいたま水族館ビデオプロジェクター映像システム及び超指向性スピーカーシステム

沼津港深海水族館展示映像音響システム

ディアスタマンションギャラリーAVシステム

創価学会板橋文化会館映像音響システム工事

横浜三井ビル会議室用映像システム(3階・23階・26階・27階・28階)

順天堂大学監視カメラシステム工事

鎌倉七里ヶ浜夏祭り音響システム(毎年8月開催)

ラックバックグループ お台場クイーンズ・バス・リゾート AV工事

サムスン日本研究所 本社ビル  3F映像会議室AVシステムリニューアル工事

サムスン日本研究所 本社ビル  6F講堂AVシステムリニューアル工事

サムスン日本研究所 本社ビル  1F屋外フェンスセキュリティシステムリニューアル工事

サムスン日本研究所 本社ビル  屋上「サムスン」看板LED化工事

サムスン日本研究所 本社ビル  TV共聴システム改修工事

サムスン日本研究所 本社ビル  自動火災報知器改修工事

サムスン日本研究所 本社ビル  1F非常放送設備改修工事

サムスン日本研究所 大阪ビル  10F講堂AVシステム設置工事

サムスン日本研究所 大阪ビル  2F食堂TVシステム設置工事

サムスン日本研究所 大阪ビル  2F食堂世界時計設置工事

サムスン日本研究所 大阪ビル  自動火災報知器改修工事

大洗めんたいパーク 床映像システム設置工事

常滑めんたいパーク 新築展示AV工事、映像シアター改修工事

神戸三田めんたいパーク 新築展示AV工事

トヨタホール 春日井事業所・栃木事業所・山梨工場 見学者向けAVシステム設置工事        

公益財団法人 正派邦楽界 音響システム改修工事

イオンモール 移動型PAシステムの納入(イオンモール盛岡・イオンモール下田・イオンモール京都五条・イオンモール堺北花田・イオンモール羽生・イオンモール多摩平の森)

沖縄ジーノリンボウ店 音響システム工事

三菱重工エンジンシステムTV会議用 TVシステムの納入(東京本社・中部支社・メイキエンジン製造部・西日本支部・九州支部)

軽井沢奥山邸  AVシステム リノベーション

株式会社LDH 受付プロモーションビデオシステム及びマルチTVシステム改修工事

株式会社ナムコ 新本社ビル会議室AV移転工事

株式会社ナムコ 各店舗映像音響システム工事(徳島店・佐賀店・京都店・那覇店・巣鴨店・梅田店・大日店・熊谷店・横浜店)


工場の音響測定(騒音測定)は、ANS防音コンサルタントへ
工場の音響測定・調査(騒音測定調査)は、ANS防音コンサルタントにお任せ下さい。単にデーターをとるのではなく、常にその騒音対策を考え、対策に必要なデータを取るという視点から、測定位置、測定時間など騒音源や周囲環境を考慮した、コストパフォーマンスでベストな測定方法でお客様をサポートいたします。